メーカー・排気量でバイクを検索

2021年3月のスクランブラータイプ特選車両のご案内〜DUCATI二台、BMW一台〜

2021年3月のスクランブラータイプ特選車両のご案内〜DUCATI二台、BMW一台〜

いつもお世話になっております。
ケーズバイク平野店にて販売中の特選車両のご案内でございます!
3月16日現在の、当サイトのWEB担当のおすすめ車両をご案内させていただきます。

スクランブラータイプ特選車両

BMW RnineT スクランブラー パニアケースその他カスタム多数

まずはBMWの「RnineT スクランブラー」からの紹介です。

BMWと言ったら、水平対向2気筒エンジンですかね?
独特な方向に向かってついているエンジンは味があって気持ちのいい音を響かせてくれます。

今回、スクランブラー特集的な感じでスクランブラー車両を紹介させていただきましたのは、最近流行りのダート走行や林道走行などをお楽しみいただける車両ということでおすすめさせていただいております。
オンロードベースの車両に、オフよりのタイヤがついているので、ダートや林道をこなすことができる車両になってるんですね。

ハンドガードがついていたり、パニアケースやフォグライトなど、キャンプを楽しむ時にも重宝します。
デイキャンプ、一泊のキャンプツーリング、幅広くお楽しみいただけること間違いありません。

また、排気量や車格から見ても高速道路を使っても楽に移動していただけます。
少々距離が遠いツーリングになっても荷物による疲れも残しません。

キャンプツーリングやバーベキュー的なツーリング、ワンデイキャンプなどをお楽しみの方に是非ともおすすめの車両でございます。

DUCATI スクランブラーカフェレーサー ABS ワンオーナー

次にDUCATIの「スクランブラーカフェレーサー」です。

DUCATIならではの、排気音、最高ですね。
こちらのスクランブラーはパニアケースなどはついていないカフェレーサータイプの車両です。

インパクトある排気音で街中を駆け抜け、時には足場の悪い道を楽しみたい方に、是非ともおすすめさせていただきたい車両でございます。

WEB担当である私は、最近、ダートや林道にハマりまくっていることもあり、スクランブラータイプのかっこよさやアドベンチャー系のかっこよさに惹かれまくっています。
また、今回の車両に関しては、そこにカフェレーサータイプということで、万能・・・とは言いませんが、オンロードもオフロードもカッコよく乗っていただける車両となっております。

そこまでガツガツオフロードに行くことはないけど、ちょっとダートを走って見たいという方には是非ともおすすめの車両でございます。

DUCATI スクランブラークラシック ワンオーナー ETC2.0 アエラエンジンスライダー フレームスライダー アクスルスライダー他

最後に、DUCATIの「スクランブラー クラッシック」です。

パーツの仕様が前述のスクランブラーとは異なりますね。
DUCATIの初期のタイプのスクランブラーです。
DUCATIのスクランブラーのヘリテイジモデル・・・と謳われていますが、ヘリテイジとは、”先祖伝来の・・・”的な意味合いのある言葉で、初期モデルと共通したモデル・・・という意味合いがある車両です。
そのため、パッと見は初期のモデルとよく似ているモデルでございます。

ハンドル位置は割と高い位置にあり、よりダート色が強いモデルとなっています。

前述のスクランブラーもそうですが、DUCATIの強いトルクと馬力をダートの上で使うと、この上なく楽しいライディングを楽しむことが出来ます。
また、ここにパニアケースをつけるもよし、このまま林道に行くもよし、ハンドガードなどの対策をつけるもよし、とにかく、楽しめる幅が広い一台です。

どの車両もそうですが、車両の状態は最高にいい状態ですので、是非ともご検討くださいませ。

終わりに

いかがでしたでしょうか?
スクランブラー、かっこいいですよね。
私も乗りたくて仕方ありません。

YouTubeでダートを走行するスクランブラーを探したらすぐに出てきました。

※車両は異なりますが、スクランブラーでダート走行イメージです。

ほんとにかっこいいですし、こういうレースに一度は出て見たい・・・と思うだけは自由ですよね。^^;

ともあれ、スクランブラーの良さはこのオン・オフを楽しめるところにありますので、普通にバイクに乗ってたらなかなか聞くことがない”ダート走行”ですが、これを機に、是非とも試してみていただきたく思う次第でございます。

ダート走行については、林道を調べれば、割と色んな林道の情報が出てきますので、是非、調べて行ってみてくださいね。

・・・

各車両とも、売約した時点で、ページが表示されなくなったり、車両のページや動画に「売約済み」などの記載が入ります。
早い者勝ちとなりますので、お問い合わせをいただいた時点で売約いたしましたら、ご理解くださいますよう、何卒宜しくお願いいたします。

お問い合わせに関しましては、LINE(ID : ksbike103)へのご連絡、本店へのお電話(06-6777-5830)など、適宜、お問い合わせくださいますよう、何卒宜しくお願いいたします。